女性に溜まりやすい皮下脂肪

Posted: under 未分類.

腸管などの内臓の周辺につきやすい内臓脂肪。お腹のあたりがポコッと出てきたら要注意、内臓脂肪が蓄積している可能性が高いです。
やせ型や普通体型の人でも、ウエスト周りが太くなってきたら要注意です。

内臓脂肪型肥満は30歳以上の男性に多く見られ、近年はメタボリックシンドロームと呼んで、生活習慣病に関係が深いタイプの脂肪です。

すぐにエネルギーとして使えるように腹部に優先的に脂肪を蓄える男性は、中高年になるとホルモン機能が低下して新陳代謝も落ちてしまいます。そのためエネルギーの消費能力が落ちてしまい、食べたものが消費されず脂肪となって蓄積されてしまうのです。

男性に糖尿病や脳梗塞・高血圧が多いのは内臓に脂肪が蓄積しやすいからだと
言われています。

内臓脂肪型肥満が男性に多いのに比べて、女性は皮下脂肪型肥満が多いと言われています。

上半身より下半身が太くなる、洋ナシ型肥満とも呼ばれる肥満はなぜ女性に多いのでしょう。実は女性だけが持っている子宮と大きな関係があります。
子宮を外部からの衝撃を防いだり、保温をしたりとありがたい脂肪なのです。

また、皮下脂肪は一度つくと落ちにくいという特徴がありますが、これはもしもの時のエネルギーの備えだとも言われています。

しかし、子宮の役割を終えた後も今までと同じような食生活を送っていれば、脂肪の消費がされず、肥満に繋がってしまいます。皮下脂肪量が多いと、膝や関節に負担がかかりますし、心臓にも悪影響を及ぼしてしまいます。

適度な皮下脂肪は必要ですが、指で大きくつまめるようなら、ダイエットで脂肪を減らすことを考えなければいけません。

・キャビテーション人気ランキング

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントする